少年野球について

野球

  実は2年前から息子の野球チームのお父さんコーチでチームのお手伝いをしている。
本業の休みの都合上、土日の試合はあまり参加できず、平日練習のお手伝いがメインである。
去年はコロナ問題で、密にならない野外スポーツですら、色々大変だったが、今年は
オリンピックもあるので、収束の方向に向かえばいいのだが・・・

 話はさておき、先日、小学校の体育館で午前中から練習があり、冬休みの為、
普段使う所とは違い学校はデジタル機材が豊富で、監督(小学校の先生)の過去に撮りためてある
動画で子供達と野球勉強会を行う機会に立ち会い、そこで大変感心した事について投稿してみた。

 序盤は、ワンアウト、ランナー1,2塁の場面で、2塁走者のリードの癖を
投手&野手で見抜いて、素早い牽制で刺すシーンと、その後も、1球も打者に球を投げずに
1塁走者も牽制で刺し、チェンジになる動画で、素早い牽制のやり方と、野手との連携を
学び、心理戦(この場面でチャンスを潰されると相手がどういう心理状態になるか)に
ついても学び、その後も、守備や走塁についての動画を検証して、ブログで活字を書いている
身分ですが、動画の素晴らしさ、分かり易さに感銘を受けたが、その事についての書き込み
ではなく、その後に行った、野球ノートのつけ方についての事が書きたかった事である。

 まず、感じたのが、自身が少年野球時代(中学時代もだが・・・)野球ノート??日記??
そんな物を書く事すら、頭の片隅にもこれっぽっちも無かった・・・書いた方がいいなんて
教える指導者もいなかった・・・ある意味のびのびやっていたのかもしれないが・・・
小学生時代に物事を客観的に文章に起こす事や、物事をしっかり振り返ると言う事を
この時期から習慣化できれば、自分の人生はどうなっていたのだろうと、ふと妄想してしまった。

但し、人間は弱い生き物で、大人ですら、日々の学びや振り返りをノートにつけている人を
殆ど見た事もないし、やらされているとしたら、適当に楽して、カッコイイ御託を並べて
それっぽい事を、程度良くやってしまう人間ばかりだ。そんな習慣はつけないで欲しいと
心底願う!!!良い習慣にしてほしい。

変化する為には意識を変え、行動を変え、
     その行動を習慣化した者が、結果を変えられる

自分はそう信じている。。。是非、息子や子供達にも気づかせてあげたい!!!
その為に、監督やコーチ陣と連携して、スポーツを通して、色んな事を学んで貰いたい!!
そのお手伝いが出来ている事に感謝しているし、微力ながら支えていきたい!!

スポーツを通して子供達の成長を見守れるって、最高のご褒美です。
時間の続く限りお手伝いさせて頂きます!!!!

世の中のパパさんやママさんも、貴重な休みかもしれませんが、是非、子供行事(部活動)
には、積極的にご参加ください。子供達以上に得られるものがあるかもしれません・・・

 最後につくづく思うのが、良い指導者に出会える事は、本当に幸せな事だ。
特に右も左も知らない、幼少期には財産だと思う。子供達が自分らで環境を整える事は
不可能で、親もある程度の道標位しか、導いてやれない・・・
本当に今の監督には感謝しかない。熱意だけではなく、接し方、話し方、交わり方、
強弱(アメとムチ)などなど、この難しい年頃の子達の扱い方が上手すぎて、頭が下がる。
先生という職業は異動が付き物だが、せめて息子の卒業まではどこにも異動して欲しく無いと
心の底から思いました。子供達は本当に良い指導者にめぐり合えて良かった!! 

        この文章で何か伝われば幸いです。   ではまた、したっけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました