旅キャン日記 室蘭 ダンパラキャンプ場!!

キャンプ

 それではコロナ禍と一年半前の足の骨折の為、中々行く事が出来なかった、室蘭ダンパラキャンプ場の旅日記をご紹介します!!

昨年末から、冬キャンプに挑戦しているのですが、それ以前は、4月のゴールデンウィークがキャンプスタートのタイミングでした。

その時に初キャンプを行っていたのが、ここダンパラキャンプ場でした。

 自分のキャンプスタイルは、カブ90に↓↓

最低限のULギヤを積み込み、自宅半径100km以内でツーリングよりは、キャンプメインのスタイルでやっております!!

よく行く所は、北村、富良野、深川、京極、安平、厚真等々それ程、自宅からは遠くない距離でゆったりまったり、次の日に疲労を残さない、ゆるキャンスタイルです。

その中では、片道140km位と自分の中では遠くの部類に属するキャンプ場なのでした。

ですが、カブ90で行く山道や海沿いの工程や、行く先々に、観光ポイントが沢山あり、移動も楽しいので、年2〜3回は行かせてもらっています!!

では早速、オススメポイントをわかりやすく、簡単に説明して行きます!!

時間の無い方はいきなり目次から攻めて下さい!!

アウトドア用品を探すなら【Naturehike Japan】

オススメポイントその1 !サイト料が無料!

なんと言っても無料はありがたいです!!

最近はキャンプブームも後押しして、キャンプ場が至る所に出来ています。

車が乗り入れられたり、電源があったり、トイレがめちゃくちゃ綺麗だったり、グランピング等々、快適で設備の整ったサイトが増えました。

年に1〜2回で有れば、数千円〜1万円位だしても良いかもしれませんが、シーズンで10回以上となると、中々サイト使用料は馬鹿になりません。

ソロキャンプ で有れば、多少の事は大目に見れますし、ある意味、悪環境が武勇伝にもなりますので、そんな不便さを楽しめる、サバイバル感もキャンプの醍醐味です!!

後、有料サイトって以外と管理人がいて規則がうるさいケースが多いのと、逆に有料サイトはCMが上手いのか大衆心理が働くのか、混んでいるケースが多いです。

ソロキャンパーにはそれが一番嫌な部分でもあります。

ゆっくり静かにまったり日常の忙しさから解放されるのも、キャンプの素晴らしさなので自分は無料サイト派です。

オススメポイントその2 !ゴミ箱が完備!

 無料サイトに付き物なのが、ゴミの持ち帰り!

有料サイトでもたまに見かけますが、なんとダンパラキャンプ場は、ゴミが捨てられるんです!

きちんと分別や家庭からゴミや粗大ゴミを捨てる(北海道弁なげる)のはやめましょう!!

オススメポイントその3 !炊事場と大型バーベキューコンロが完備!

 無料キャンプ場はトイレはあっても、炊事場が無いケースが多いです。

こちらはしっかりした炊事場があり、炭を捨てる所もあります。

特に注意書きは有りませんでしたが、飲み水にする際は自己責任でお願いします。

自分は必ずキャンプ場に行く際は、馬追の名水を汲んで行くのが習慣なので、現地で水を調達する事は無いのですが・・・

 

因みに、大型BBQコンロは使った事はもちろん無いですが、沢山の人数では大活躍が間違い無いはずです!!

オススメポイントその4!登山道が併設!

 実は、この日も登山を予定していたのですが、前の日から、お腹がゆるくて何度もトイレに通っていた為に断念しましたが、室蘭岳はオススメの登山道です!!

自分は夏道コースから西尾根コースの約6.5kmを登ったのですが、体力に自信の無い方や、初心者には何箇所か険しい所はありますが、焦らずに登れば難なくこなせる道程ですので、今シーズン中には再チャレンジしたいと思っています。

次回はカムイヌプリや水元沢コースをチャレンジしてみたいと思います!

アウトドア用品を探すなら【Naturehike Japan】

オススメポイントその5! 総合運動公園になっている

実は、こちらの正式名称が、

    『 室蘭岳山嶺総合公園 』

通称 ダンパラ公園・・・家族団らんパラダイスの略だそうです。詳しい施設内容は上記のリンクをクリックしてみて下さい!!

家族団らん無料で遊べる場所って、北海道には山程あるのですが、ここも北海道民の人の良さが滲み出ている所だと思います!!

北海道、その他市町村の方々にこれだけ無料で遊べる所を沢山維持管理して頂いて、心から感謝しております!!

マナーを守って沢山利用しましょう!!

コロナが落ち着いたら、道外からも沢山来てもらいたいです!!

今年の北海道の夏は、自分が生きて来た中で恐らく1番熱い夏で、北海道の家には半分以上の世帯でエアコンが無く、自分の家もその内の一部ですが、外で過ごすのって北海道では以外と熱中症対策にもなり、過ごし易いんです!!

北海道の家は冬の寒さ対策から断熱性が高く、更に窓が小さく(窓が1番断熱しづらい為)風が入りづらいので熱がこもりやすいです。

その為、外で過ごすのは理にかなっていますので、キャンプは暑さ対策にもなります。、

どんどんキャンプやアウトドアでソーシャルディスタンスや密を避けコロナ対策しながら、北海道の大自然を満喫しましょう!!

最後に人生を豊かにFIREする為の投資FX人生観地元応援キャンプバイクスノーボード登山の情報を、自分なりの視点や観点で魂を込めて記事にしております!!

是非、その他の記事もを読んで頂ければ幸いです。

ではまた、したっけ

アウトドア用品を探すなら【Naturehike Japan】

コメント

タイトルとURLをコピーしました