スノボー日記(ワックスの小言)

スノーボード

 早速ルーティンワークである、スノーボードについて、1週間振りの投稿でした。

拙い文章ですが、最後までお付き合い下さい。

場所は久しぶりの札幌国際スキー場!!天気は晴れ、気温は山頂でマイナス12℃まあまあの寒さ。今シーズンはコロナ禍のせいで、感染拡大予防の為、マスクの着用が義務付けられています。

その為、ゴーグルがマスクを通して、上がる息でくもる…(*´-`)…どなたか、良い対策有れば、是非教えて下さい

くるトククラブ

 くるトククラブってご存知ですか⁉️

これがなかなか面白いシステムで、ざっくり言うと無料会員制度です。

中々良く出来たシステムで元々札幌国際スキー場はリフト券がICカード式でリフト料金とプラス500円のICカードをレンタル(返却機で戻せば500円が返ってくる)というシステムでした。

そのICカードにインターネットで個人情報を登録し、会員価格やポイント制度で無料券に変えられる等、中々美味しいサービスの会員制度でした。

今回は一回のリフト券購入で1Pもらるポイントシステムで合計5P獲得で1日リフト無料券が貰えるという太っ腹な特典でコスパ0円で楽しむ機会を頂きました。

後、くるトククラブは運営側にもかなりメリットがあって、転売やカード紛失を防げて、ピンポイントでCMが打てるなどなど、かなり両者ともにwinwinなシステムでした。

これは、スキー場として、コース外滑走と並んでかなり頭の痛い問題だと思うのですが、転売とICカードの紛失予防の観点からも、ユーザ情報獲得の所からも、考えた方は中々上手だなぁと改めて関心しました。

人間の発想力は無限大の価値が隠されてますね!

少し話がそれましたが、スノーボードを楽しむ上で、一番のデメリットがリフト代です。

これは行けば行く程増えていくモノで、スキー場経営も厳しいと思うので仕方ないとは思いますが、くるトククラブはそういう意味でも、リフト券購入のコストを下げる事が出来て、更に2回目以降は15%オフで6回目からは35%オフになるという素晴らしいシステムですので、是非ともスキー場や地域活性化にもスノーボード、スキーシーンを盛り上げる為にも、くるトククラブを利用してガンガン滑りに行きましょう!!

このシステムを作ってくれた方々、

 本当にありがとうございました!!

ワックスについて!!

話は変わりますが、皆さんはスノーボードの滑走ワックスをどうしてますか?

初心者の方は、ボードのメンテナンスをした事が一度も無いなんて人もいるかもしれません。

但し、バイクキャンプ等どんな事でもそうなのですが、道具や機械を使うモノの道具手入れは、めちゃくちゃ大事です!!

特に滑走面が広く、スキーと違い、スケーティングが出来ないスノーボードは板が走らないとそれだけで、楽しさが半減してしまいます。

是非、メンテナンスはしっかりやって行き、楽しいスノボーライフを送って行きましょう!!

で、皆さんが思う、スノーボードのメンテナンスと言えば、ワックスですよね!!

メンテナンスに拘り出すとホットワックスに辿り着きます。

自身もホットワックス派なのですが、実は、全ての板に有効かと言うと、そうではないのです!!

ワキシングのプロが言っていたので、間違い無いと思うのですが、ぶっちゃけて言うと、高い板しか意味がないんです!!

これは自身も過去を思いだして気がついたのですが、安めの板(定価5〜6万円程度)をスノーボード復活(4年前)時に使用した際も、がっちりホットワックスを掛けたのですが、イマイチ走りが良くないなぁと感じる場面が多々あり、

『やり方悪かったのかなぁ』と思っていました。がしかし、今回買ったボードも同じやり方でワックス掛けをしましたが、かなり走る板に仕上がりました。

復活前に使っていた板も、バートンの定価10万近くのモデルもそうだったので、

『そう言う事か!!』と言う様に腹落ちしました

なので、ある程度の値段の板は、わざわざ面倒くさくて器具にもお金のかかるホットワックスではなく、スプレーワックスで充分なので、面倒くさがらずにやる事をお勧めします!

そこで、ワックス前のひと手間にこちら↓↓↓


3M たわし ナイロン スポンジ 業務用 コゲ落とし 大判 3個 スコッチブライト No.96 BST

研磨パット スコッチメッシュ 120mm 4種セット 番手240 400 800 1500 塗装の下地作りやボウリングのキズ取メンテナンスに マジックテープでポリッシャーに装着可能 研磨パッド 精錬パット アブラロンパットやマイクロパットより高耐久性 スコッチブライト

スコッチブライト等で滑走面を磨いてほんのり光らせてから、スプレーワックスを薄く塗り、仕上げにコルクで気合いでほんのり暖かくなる位に擦りまくる!!

ここで時短&疲れない為のワンポイントアドバイスが、ワックスを塗る前と塗った後はストーブの前等で、滑走面を溶かさない程度に暖めてから仕上げのコルクを掛ける事で改善出来ます。

これで、結構走る板になりますので、是非お試しください。

その後は、乗る2〜3日前にワックス、コルク掛け。滑走面が白く毛羽だって来たり、汚れてきたら、スコッチブライトやブラシをかけてやり、又ワックス、コルク掛け!!


UNIX(ユニックス) スキー スノーボード 滑走面メンテナンス用 ブラシ3点セット UWN98-79

【送料無料】スノーボード スキー メンテナンス 用品 セット VAXPOT(バックスポット) メンテナンス用品 5点セット VA-2880【チューンナップ ナイロンブラシ ボアブラシ 馬毛ブラシ スクレーパー コルク ワクシング ブラシ】[返品交換不可]

これで、スノーボードの楽しみが倍増し、道具にも愛着が湧き、メンテナンスも楽しみになれば、スノーボードの幅が二倍に広がります!!

是非、やってみてください!!

久々に6時間ほぼ休憩なしで乗ったので、疲労感がハンパないですし、次の日も、スノーボード筋がついてきたとはいえ、まあまあな筋肉痛状態…

でも、自分には、これがすこぶる気持ちいい!!

是非、今しか出来ないスノーボードは本当にお勧めでした!!

最後に人生を豊かにFIREする為の投資FX人生観地元応援キャンプバイクスノーボード登山の情報を、自分なりの視点や観点で魂を込めて記事にしております!!

是非、その他の記事も読んで頂けたら幸いです!

  ではまた、したっけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました