ソロキャンプのススメ!!念願のニューアイテムゲットの巻!!

キャンプ

 ご無沙汰しております!!

本業での主力メンバーの異動に伴い抜けた穴を埋めるべく、奔走している毎日の為、ブログ更新が疎かになってしまっている事に反省をしつつ、久しぶりの休みなので張り切って執筆しますので、最後までお付き合いください!!

 今回は、以前からずっと欲しくて、色々探していた結果、手頃でULなアイテムをついに見つけたので、即買いしました!!

薪ストーブ!!これ!!↓↓↓↓↓↓↓↓


3F UL GEAR 部落薪ストーブ 304食品クラス ステンレス ピラミッドテントの仲間 テント内 火を焚く ストーブ (2.2)

3F UL GEAR 部落薪ストーブ 304食品クラス ステンレス ピラミッドテントの仲間 テント内 火を焚く ストーブ

 

薪ストーブ 3f ul gear 窓付き薪ストーブ ステンレス製 という商品です!!

まず、欲しかった理由ですが、暖房無しの気合いの冬キャンプは昨年から、何度かチャレンジしたのですが、何せ気合いと根性が必要な冬キャンプは中々万人にオススメ出来る事では無いですし、灯油ストーブや薪ストーブは中々道具代や薪代が掛かる為、一歩引いて見ていたのですが、薪をほぼノーコストで確保出来る環境下になった事と、最近焚き火をした後の、服やキャンプ道具に染み付く焚き火臭が、かなり家族に不評の為、何か良い方法が無いかと考えた時、『煙突付きの薪ストーブがあるじゃ無いですか⁉︎』と考え探していた時見つけたのがこの子でした!!


3F UL GEAR 部落薪ストーブ 304食品クラス ステンレス ピラミッドテントの仲間 テント内 火を焚く ストーブ

3F UL GEAR 部落薪ストーブ 304食品クラス ステンレス ピラミッドテントの仲間 テント内 火を焚く ストーブ (2.2)

スペック&組み立て方法

重さ2.5kg 縦約32cm 横約50cm とめちゃくちゃコンパクト!!

組み立ても簡単で工具は一切使わずに、蝶ネジを3個手で締めるのみと、↓↓↓↓↓↓↓↓

慣れると5分も掛からずに組み立てる事が可能です!!

とストーブ本体を組み立てるのは、非常に楽チンなのですが、煙突がかなり厄介でした…

絵が二人掛かり・・・一人しかいないので力業で何とか丸める事に成功するも、綺麗な円にはならずにガタガタな感じに・・・2.2mもあるのを1人でやるのは、かなり難しいです・・・

懸念材料が、テントが有れば煙突を支える事が出来ますが、テント無しで風がある所で使うとしたら…

次回までに2分割にする事にチャレンジします!

レッツゴー試運転&なんちゃってBBQ!!

で、早速試運転がてら、天板で調理して行きます。

BBQの必殺スパイス、マキシム!!

これは凄まじい旨さです!!

スーパーで見かけたら是非使ってみて下さい!

少しお高いですが、安い肉が2ランク位上がる感じです!!

味塩胡椒には戻れなくなりますので、気をつけて下さい!!

使った感想は、思惑通り、焚き火臭は一切付かず薪も少量で済み、小窓が付いているので若干な焚き火感も味わえ大満足でした!!

これは間違いなくお勧めです!!

これからの時期に必要が無いからこそ、価格が上がる秋冬前にゲットすることをお勧めします!

ストック状態でも充分使えますが、更に使い勝手を良くする為に、自分が使用して感じた簡単な改善点を次項でご紹介します!!


3F UL GEAR 部落薪ストーブ 304食品クラス ステンレス ピラミッドテントの仲間 テント内 火を焚く ストーブ (2.2)

3F UL GEAR 部落薪ストーブ 304食品クラス ステンレス ピラミッドテントの仲間 テント内 火を焚く ストーブ

オススメの改善点!!その1

まず一つ目は、先程も伝えましたが、煙突の2分割化です!!薄いステンレスシートなので、簡単にカットできる筈です!!

問題は重ねて使う時の引っ掛かりを作る事です。

それも、細いステンレスかアルミの棒を煙突の中央部を貫通させて、支えるシステムでバッチリなはずです!!

重ね代も大きめに20cm位取ればバッチリな筈です!!こんな感じです!!

 オススメ改善点!!その2

ロストルを設置する事です!!

恐らくULを狙って最低限の部品点数にしている為なのか、ロストルが無いです!!

その為なのか、天板の火力がイマイチでした!

底上げの為と、更なる完全燃焼を目指して、ロストルの追加をお勧めします!!

材料はみんなの味方、ダイソーの1番大きいサイズのステンレス水切り網か何かで代用できる筈です。本当に100均はみんなの味方です!!

唯一の弱点、天板が反ってしまう・・・

最後に、軽さを追求しているので、天板がそこまで薄くは無いのですが、強度不足の為か案の定反っていました。

20cmのスキレットを使ったのですが、この大きさ以上のサイズは、浮いている感じがして、うまく熱が伝わっていない感じでした。

それ以下のサイズは問題無さそうですが・・・

天板の厚みを増やすと、間違いなく重くなるので、仕方ない所だと思います。

世の中全てが背反で成り立っています!!

反らない様に材料を厚くすれば重くなりますし、軽くして厚みを薄くすれば強度は落ちてしまう!

こんな事でクレームは言わないで下さいね!!

但し、細部にわたり考えられた構造で、間違いなく薪ストーブでULを考えている方で有れば、買うべき商品です!!


3F UL GEAR 部落薪ストーブ 304食品クラス ステンレス ピラミッドテントの仲間 テント内 火を焚く ストーブ

3F UL GEAR 部落薪ストーブ 304食品クラス ステンレス ピラミッドテントの仲間 テント内 火を焚く ストーブ (2.2)

 

改造を施したら、又アップしますので、今後もお付き合い下さい!!

最後に人生を豊かにFIREする為の投資FX人生観地元応援キャンプバイクスノーボード登山の情報を、自分なりの視点や観点で魂を込めて記事にしております!!

是非、その他の記事も読んで頂けたら幸いです!

        ではまた、したっけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました