ソロキャンプのススメ‼️最重要⁉️寝具アイテム❗️マットについて

キャンプ

我らの地、北海道の現在は、マイナス二桁当たり前、積雪も1m以上は当たり前のこんな時期に、馬鹿げた情報かもしれませんが、ソロキャンプを愛する私が、久しぶりのこのシリーズ、

ソロキャンプ のススメをやらせて頂きます‼️

第一弾はイス選び第二弾はテーブル選び

第三弾は調理器具シリーズ

第四弾テント選び第五弾薪ストーブ、更に

薪ストーブ改良編第六弾変わり種テーブル

第七弾ナイフ選び第八弾ホットサンドメーカー

第九弾として、マット選びという運びになりました‼️

キャンプで使う寝具と言えば、シェラフ(寝袋)です。キャンプ好きにとってそのシェラフで寝る事が中々の楽しみで、私は特にこの寒い時期には、自宅の布団は使わずに、ダウンシェラフを掛け布団替わりに使っております。

これがめちゃくちゃ気持ち良くて、最初の、ヒヤッと冷たい感じがあっという間に暖かくなるあの感覚が一度体感するとやめられません‼️

話が少しズレましたが、キャンプがあまり好きじゃない方々の話を聞くと、寝ても疲れが取れないとか、寝袋が得意じゃない等、眠りの部分での不満を挙げる方が多いです‼️

という事で、眠りを制する者はキャンプを制するではないですが、ではいざ初心者さんが眠りを制する為に力を入れる所は、寝具のメインになるシェラフだと思われガチです。

高価なシェラフは一生モノですし、国産のナンガやモンベル等の5〜10万円もするモノは自分もいつかは使ってみたいと思っていますが、いきなり買えるリッチマンはベテランキャンパーでも少ないですし、初心者キャンパーさんなら更にハードルが高くなります‼️

しかし、万が一お金に余裕がある方で、高級シェラフを買ったとしても、恐らく眠りを制する事は出来ない筈です‼️

答えはお分かりだと思いますが、自宅でもいくら高価な掛け布団を使っても、板の間で寝たら疲れや寝心地が良い訳がありませんよね‼️

結局1番大事な所が、

マットレスになるのです‼️

という訳で、私が使用している3種類+今回冬キャンプ用にゲットしたマットのご紹介をして行きますので、最後までお付き合いください‼️

【WAQアウトドアストア】

BLUE COVE PRODUCTS エアーマット

ソロキャンプを始めた時は、マットの存在等、全く知りませんでした。自分も眠りに不満を抱えていたので、少しでも快適にしたいと色々探していた時、軽量、コンパクトで、膨らますのも面倒くさく無さそうなこちらの商品を見つけました‼️↓↓↓↓↓↓

悲しい事に既に廃盤になっていますので、同じモノは手に入れる事は出来ませんが、寝心地は抜群で膨らますのも簡単で今でもお気に入りです‼️

今現在は、更に楽ちんに空気を入れられる↓↓↓


FLEXTAILGEAR TINY PUMP X 多機能ポータブルエアポンプ 空気入れ 空気抜き ランタン(FTG)【送料無料】【あす楽】


FLEXTAILGEAR TINY PUMP X 携帯式エアーポンプ 1300mAh電池USB充電式の最軽量ポンプ 空気を入れること空気を抜くことができる プール用ブイ、浮き輪、真空袋な(グレー)

コイツは軽量コンパクトで空気もあっという間に入り、LEDランタンにもなる優れものです‼️

10回程使いましたが、今の所壊れていないんですが、耐久性は少し心配ですが……

因みにこのマットの難点が2つあり、一つが空気を抜いて畳むのが、以外と苦労する所です。

ポンプを使っても完全に空気を抜くのが難しいので畳み辛いです……

二つ目が、断熱性はあまり良く無いです…R値も不明です…

スペックは

長さ約190cm 幅56cm 厚さ6cm 重量500g

収納サイズ

   24cm×10cm ×10cm

【WAQアウトドアストア】

キャプテンスタッグEVAフォームマット

次に購入したのが、定番のキャプテンスタッグEVAフォームマットです‼️↓↓↓↓↓↓↓


キャプテンスタッグ EVA フォームマット 56×182cm M-3318

M-3318 キャプテンスタッグ EVAフォームマット 56×182cm CAPTAIN STAG

値段も手頃で、軽い(270g)断熱性、クッション性もまあまあで折り畳んで、椅子代わりにもなり、リュックにくくり付けて運べは大きさも全く苦になりません‼️

スペックが

長さ 182cm 幅 56cm 高さ 2cm 重量 270cm

折り畳みサイズ 13×12.5×56

soomloom レジャーマット

更に追加購入したのが、soomloom レジャーマットになります‼️

キャプテンスタッグで問題なかったのですが、冬キャンプに向けて、もう少し断熱性に優れているモノとして、買ってみました。

アルミコーティングが施されているので、少し重く(410g)なり、収納サイズも若干大きくなりますが、コスパも良く、中華性おそるべしという所です‼️


Soomloom 寝袋用マット キャンプ パッドレジャー アウトドアマット レジャーシート テント泊 超軽量 保温 IXPE素材 アルミフィルム ポータブル 花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山・ハイキングなど適用 (イエロー)

Soomloom レジャーマット レジャーシート 寝袋用 マット キャンプ パッドレジャー アウトドアマット テント泊 超軽量 保温 IXPE素材 アルミフィルム ポータブル 花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山【main08】

スペックは

長さ 183cm 幅 55cm 高さ 1.8cm 重量 410g

収納サイズ 55×13×12

但し、近日中予定の真冬のキャンプには、少し心元ないので、それ以上に断熱性に優れて、寝心地が良いモノが無いかと探しまくり、サーマレスト、ニーモ、シートゥーサミット、エクスペド等の登山用のR値5〜8位の軽量コンパクトなエアーマットと悩み抜いた末、最終的に決定したのが次のモノになりました‼️

【WAQアウトドアストア】

WAQインフレーターブルマット

迷いに迷いまくり、UL派の自分としては、大きさや、重さに抵抗はあったのですが、インフレータータイプを使って見たかった事と、自宅での寝具にも使いたいと考えた時に純粋なエアーマットよりも、ウレタン入りの方が寝心地&耐久性が上だと判断し、更にコスパが登山用エアーマットが安くても3万円以上するのに対して、こちらのWAQインフレーターブルマットは、なんと6980円‼️という破格さに、ダメ元で、久しぶりのキャンプアイテムとして購入しました‼️

初めてのインフレータータイプという事で、早速空気バルブを開けると、じわじわですが膨らんで行き、5分位放置すると出来上がり‼️

厚み8cmは伊達じゃなく、これを使ってしまうと薄いマットには戻れなくなってしまいそうな位に感動レベルです😊🥺

R値も4.5〜5位はあるとの事で、これならば、マイナス二桁気温もへっちゃらかどうかは、近日中に検証して記事にしますので、ご期待下さい‼️

そして、その後に記事にしたのがこれです↓↓↓

スペックは

長さ 190cm 幅 65cm 高さ8cm

収納サイズ

65cm×20cm×20cm 重量2.5kg

UL派としては、収納サイズは気になる所ですが、冬キャンプ(車移動)なのでそこは目をつむりたいと思います‼️

何につけても、この値段で買えるのは本当にありがたいです‼️

またまたお気に入りアイテムの仲間入りです‼️

【WAQアウトドアストア】

まとめ

三種類、4つのマットを紹介しましたが、荷物をコンパクトにしたいのであれば、エアーマット、バックパック等で軽さ重視ならキャプテンスタッグEVAフォームマット、断熱性と軽さを両立させるなら、soomloom レジャーマット、寝心地が良ければその他は気にしない&車移動の方は

WAQインフレーターブルマット‼️

寝心地、暖かさはダントツにです‼️

マット選びの参考にして頂ければ幸いです‼️

最後に人生を豊かにFIREする為の投資FX人生観地元応援キャンプバイクスノーボード登山の情報を、自分なりの視点や観点で魂を込めて記事にしております‼️

是非、その他の記事も読んで頂けたら幸いです‼️

ではまた、したっけ

【WAQアウトドアストア】

コメント

タイトルとURLをコピーしました